電話エッチで使える言葉攻め

電話エッチは言葉攻めを上手く使うことによってより興奮して燃えてくるので、もちろんエロさもかなりアップします。 言葉攻めが上手くできるかどうか心配な人も、したことがあるけどまだ思ったよりも興奮しなかったと言う人は是非言葉攻めについて学んでみましょう。 電話エッチは相手の声しか聞こえないので言葉攻めは絶対に必要です。 映像を見てするのと、まったく映像は見ないで声だけするのとでは別の楽しみ方があるので、是非声だけで楽しめる電話エッチの言葉攻めについて知っておくべきです。

言葉攻めで大切な事

電話エッチには専用の言葉の攻め方とでも言うべきやり方があって、それはリアルエッチのとき以上に大胆にそしてリアルにすると言う事がポイントとなります。 大胆な言葉攻めとは、頻繁に細かく相手の行動や自分の行動を常に言葉にして発していくわけなのですが、今どれぐらい感じているのかを自分のエロさを交えた状態で表現しなくてはいけなかったり、相手に質問する際にでもどれぐらい感じているかを知りたいからと言ってリアルに濡れている音を聞かせてもらうと言った言葉攻めをしてみましょう。 逆に自分の濡れている音を聞かせる際にはよりエロさを出す為にも、あえて何か道具を使って必要以上の音を出してみるのもオススメです。

言葉攻めには2つ方法がある

電話エッチには大事な二つの言葉攻めの方法があり、それは命令口調と質問口調になります。 この二つをする際に取り入れていくと間違いなく盛り上がる事ができるので、自分本位の電話エッチではなく相手を気遣うようにすることによって自分もまた盛り上がる事ができるので、まず相手を喜ばす事ができる言葉攻めをしていきましょう。 また使うタイミングも重要なので、例えば命令口調で言葉攻めをするのは自分がちょっと疲れた場合や休憩したい場合に使うと、相手をシラケさせずに済むので使えるテクニックでもあります。 そし質問口調の言葉攻めは自分がより興奮したい時に使うと、相手の答えを聞いて自分自身もより興奮してくるようになるのでオススメです。 言葉攻めは一見難しく見られがちですが、相手の事が見えない分リアルに何でも言う事がテクニックでもあるので、想像していることをそのまま言葉攻めとして使えばいいだけので初心者でも簡単に使えるようになります。 電話エッチは言葉攻めがあるからこそ盛り上がるし、成り立っているようなものなので言葉攻めをしなければそれこそただのオナニーに過ぎないので、しっかりせめていきましょう。

電話エッチまとめ記事

電話エッチのやり方

→電話エッチで盛り上がるやり方を紹介しています。

電話エッチの会員

→電話エッチを利用する利用者について紹介しています。

電話エッチの基礎情報

→電話エッチの知っておいて欲しい基礎情報を紹介しています。